日記

田舎の刑事の趣味とお仕事

滝田務雄さんの「田舎の刑事シリーズ」1作目の、「田舎の刑事の趣味とお仕事」。
のんびりした雰囲気の田舎で、ワサビ盗難やカラス騒動などの、どこかのんびりとした事件が起こる、ちょっとシュールな脱力系ミステリ短編集です。
事件を解決(?)するのは主人公「黒川鈴木」。姓も名前も名字みたいな、変わった名前の刑事さんです。
部下たちはだいぶ変わった性格で、それに振り回されたのか、当初は真面目に見えた主人公もどんどんおかしなキャラクターになっていきます。
さらに輪をかけて面白いのが主人公の奥さん。
最初は貞淑な妻、といった感じであまり目立たないのですが、話が進むにつれて存在感を増していきます。
彼女がどんなふうに登場するのかというのも、この小説の楽しみですね。
板尾創路さん主演でテレビドラマ化されていますので、そちらも気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です